聖峰会のご案内
test_mv

各病棟のご案内

一般急性期病棟

特徴

 一般急性期病棟は、主に外科・消化器内科・整形外科・眼科の患者さまが入院する中2階病棟と、主に一般内科・循環器内科・呼吸器内科・脳神経外科の患者さまが入院する北1階病棟があります。

 中2階病棟の病床数は41床、平成25年度の年間入院患者総数1,205名(月平均約100名)。年間退院患者総数1,025名(月平均85.4名)、病床利用率は92.45%、平均在院日数10.2日となっています。

 入院患者さまの6割以上が消化器内科の患者さまで、上下部内視鏡検査をはじめ、ERCP等の検査が多く行われています。検査で悪性腫瘍と診断されるケースが多くあり、消化器内科と外科の医師とのスムーズな連携で、早期に手術実施が可能な状態となっています。また、整形外科では高齢者に多い頚部骨折等は術後、回復期病棟との連携を図り、自宅退院を目指し早期からのリハビリ介入を行っています。

 高齢者の患者さまの多いこと、在院日数が平均10日程度と短いことから、入院後、状態が安定した時点でのADL拡大を図り、入院前ADLを保ちスムーズな退院ができるように、日頃から病棟スタッフでのリハビリを個々に合わせて計画し、看護を行っています。

 北1階病棟は、循環器内科・脳神経外科・一般内科の急性期混合41床の病棟。

 循環器内科は、心臓カテーテル検査や心不全の患者さま、脳神経外科は、超急性期脳梗塞治療後や脳内出血の治療の患者さまの看護を主に行っています。

 急性期で、忙しい病棟ではありますが、医師の協力で病棟勉強会を行ない、知識と技術向上が図れる病棟です。

 また、急な入院で不安を持つ患者さまやご家族に寄り添い、安心して入院生活を送る事が出来るように、医師・看護師・MSW・薬剤師・リハビリセラピスト・栄養士と連携をとり、チーム医療を実践しています。

 スタッフの中には、子育て真っ最中の看護師もいますが、看護師個々のワークライフバランスを考慮し、協力しながら、笑顔で患者さまのケアが出来るようスタッフ一丸となって頑張っています。

  • 診療時間
  • 面会時間
  • 看護師採用情報
    • ドクター採用情報
    • コメディカルスタッフ採用情報
  • 交通アクセス
  • 院内フロアマップ
  • 当院は(財)日本医療機能評価機構認定病院です
  • 病院広報誌「ほすぴたる」のご紹介
  • お見舞いメール
  • 田主丸中央病院 公式 Facebook
  • 聖峰会のご案内
  • 社会福祉法人ひじり会