聖峰会のご案内

平成29年度 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 11 23 46 63 130 310 468 768 394
田主丸町の60歳以上の年齢層は約4割と高い割合を占めています。(平成30年9月1日現在久留米市ホームページ)
それを反映して当院の年齢層は高く、60歳以上の割合は、87.6%を占めています。 入院される患者さまの年齢構成は上記のように、80歳代をピークとしています。
*小児科を有しておりませんので、0~20代の患者さまは少ない傾向にあります。
※各項目において患者数が10未満の場合、-(ハイフン)を入力しています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
一般内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均 在院日数 (自院) 平均 在院日数 (全国) 平均転院割合 平均年齢 患者用パス
040081XX99X00X 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 35 25.9 20.8 17.1% 85.7
110310XX99XX0X 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病 なし 12.3
100380XXXXXXXX 体液量減少症 9.16
0400801499X003 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし A-DROP スコア3 17.0
0400801499X002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし A-DROP スコア2 15.1
内科では、高齢の患者さまが多く、特に誤嚥性肺炎を起こす患者さまが多い傾向にあります。
※各項目において患者数が10未満の場合、-(ハイフン)を入力しています。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均 在院日数 (自院) 平均 在院日数 (全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
040081XX99X00X 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 31 34.3 20.8 6.5% 87.5
040210XX99XXXX 気管支拡張症 手術なし 11 32.7 12.6 0% 80.5
040130XX99X1XX 呼吸不全(その他) 手術あり 手術・処置等2 なし 17.3
040130XX99X0XX 呼吸不全(その他) 手術なし 手術・処置等2 なし 10.8
040100XXXXX00X 喘息 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 6.3
呼吸器内科では、高齢の患者さまが多く、特に誤嚥性肺炎を起こす患者さまが多い傾向にあります。 高齢になるほど重症になり、入院日数が長くなる傾向にあります。
*誤嚥性肺炎とは、食べ物や唾液などが誤って食道ではなく気管に入り、肺に流れ込んだ細菌が繁殖することで起こる肺炎。 高齢になるほど、嚥下機能低下による症状の為、根治は難しく、何度も入院を繰り返すことがあります。

その他にCOPD(肺気腫・慢性気管支炎・気管支喘息・気管支拡張症)の症例も多く、慢性呼吸不全に対する治療を行っております。 在宅酸素療法の導入やBIPAPによる補助呼吸及び呼吸器リハビリを積極的に導入し、早期退院できるように努力しております。
※各項目において患者数が10未満の場合、-(ハイフン)を入力しています。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均 在院日数 (自院) 平均 在院日数 (全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
050130XX99000X 心不全 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 68 18.9 17.7 4.4% 84.2
040081XX99X00X 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 65 23.5 20.8 4.6% 88
110310XX99XX0X 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病 なし 23 21.5 12.3 4.3% 83.5
050140XX99X00X 高血圧性疾患 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 17 11.9 9.1 0.0% 80.5
050070XX99000X 頻脈性不整脈 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 17 8.3 7.7 0.0% 76.4
循環器科は、多くの慢性疾患を有した高齢者が多く、心不全の患者さまが多い傾向にあります。
心不全は急性憎悪による再入院を繰り返すことが多く、自宅でも予防できるよう入退院時にお薬の服薬指導や食事の指導およびリハビリ指導をしています。
高齢化に伴い心房細動などの頻脈性不整脈やコントロール不良の高血圧症患者さまも多く、入院で服薬アドヒアランスを考慮した十分な薬剤調整や服薬指導を行っています。
また、当科では呼吸器系の疾患や泌尿器系の疾患も数多く診察を行っているため肺炎や尿路感染症も多い傾向にあります。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均 在院日数 (自院) 平均 在院日数 (全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
060340XX03X00X 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 44 14.5 10.6 6.8% 82.0
150010XXXXX0XX ウイルス性腸炎 手術・処置等2 なし 25 15.9 5.50 8% 71.3
060130XX99000X 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 15 12.5 7.39 13.3% 71.3
060210XX99000X ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 15 12 8.98 0.0% 65.4
060140XX97X00X 胃十二指腸潰瘍、胃憩室症、幽門狭窄(穿孔を伴わないもの) その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 12 16.5 10.7 0.0% 76.6
消化器科では、結石を伴う胆管炎や胆嚢炎が多く炎症を抑える治療をします。また、必要に応じて結石の除去を行う内視鏡治療を行っています。
ウイルス性腸炎とは、小腸や大腸でウイルスが増殖することで発症します。腸の安静のため絶食を要することがあります。
胃十二指腸潰瘍とは、胃や十二指腸に潰瘍が発生する病気です。原因としては、ヘリコバクター・ピロリ菌と鎮痛剤の定期使用が代表的です。
出血していた場合は、内視鏡的止血術を行います。さらに、胃酸を抑える薬を使用します。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均 在院日数 (自院) 平均 在院日数 (全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
160690XX99XX0X 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 定義副傷病なし 59 50.7 19.9 3.4% 82.6
160800XX01XXXX 股関節大腿近位骨折 人口骨頭挿入術 肩、股等 51 75.7 27.1 13.7% 85.2
160800XX99XX0X 股関節大腿近位骨折 手術なし 定義副傷病なし 16 32.3 15.2 31.3% 80.8
160980XX99X0XX 骨盤損傷 手術なし 手術・処置等2なし 10 34.4 20.0 10.0% 84.5
160800XX97XXXX 股関節大腿近位骨折 その他の手術あり 19.7
当院では、高齢の患者さまが多く、整形外科では、特に股関節大腿近位骨折の患者さまが多くいらっしゃいます。
治療法としましては、手術療法が大多数を占めています。
圧迫骨折の治療法は、保存的治療を主としています。
※各項目において患者数が10未満の場合、-(ハイフン)を入力しています。
一般外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均 在院日数 (自院) 平均 在院日数 (全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
080011XX99XXXX 急性膿皮症 手術なし 16 25.3 11.7 6.3% 75.7
060330XX02XXXX 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 6.6
160400XX99X0XX 胸郭・横隔膜損傷 手術なし 手術・処置等2 なし 8.9
161070XXXXX00X 薬物中毒(その他の中毒) 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 3.6
160100XX99X00X 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 7.3
当科では、田主丸地区(旧浮羽郡)の中核病院として可能な限りの外科的疾患や外傷に対応しています。 最も多いのは、蜂窩織炎(蜂巣炎)の患者さまです。真皮から皮下脂肪組織にかけての細菌による化膿性炎症です。 下肢に起きることが多く、毛穴や小さい傷、あるいは骨髄炎などから、皮下脂肪組織に細菌が侵入して発症します。 リンパのうっ滞や浮腫がもとになる場合もあります。
多くの場合、抗生剤の点滴や内服を行うことで1~2週間で治癒しますが、免疫力が低下している高齢の患者さまでは敗血症を併発することもあります。
※各項目において患者数が10未満の場合、-(ハイフン)を入力しています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均 在院日数 (自院) 平均 在院日数 (全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
010230XX99X00X てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 24 22.8 6.3 4.2% 61.1
010040X099X00X 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 20 50.4 19.1 10% 70.8
030400XX99XXXX 前庭機能障害 手術なし 20 7.0 5.2 0% 65
160100XX99X00X 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 16 19.3 7.3 0% 65
010060X2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 14 43.7 16.4 7.1% 79.6
脳神経外科では、脳梗塞の患者さまが特に多く、全体で100人以上となっております。その中で、意識障害の軽い患者さまが上記14人となります。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類 基準(※) 版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 6,7
大腸癌 13 2 6,7
乳癌 6,7
肺癌 6,7
肝癌 2 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
癌の再発を認めた場合には、患者さまの状態に合わせて化学療法を行っています。 大腸癌の再発例が比較的多い傾向にあります。
2~3泊の入院で抗がん剤の投与を行い、その後は外来で経過観察を行います。
当院は緩和ケア病棟も有しており、癌の早期から緩和ケアに取り組んでいます。
※各項目において患者数が10未満の場合、-(ハイフン)を入力しています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
重症度 患者数 平均 在院日数 平均年齢
軽傷 11 21.7 49.3
中等症 74 32.8 81.6
重症 20 19.3 87.6
超重症 26.9
不明
合計 105
高齢者の肺炎が増加しています。
年齢が高齢化するほど、重症化する傾向があります。
また、高齢化に伴い肺結核の再燃を認める患者さまも増加しています。
当院では口腔ケアを積極的に行い、肺炎の再発予防に努めています。
*市中肺炎とは、病院外で日常生活をしていた人に発症した肺炎です。
※各項目において患者数が10未満の場合、-(ハイフン)を入力しています。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 78 72.5 80.9 3.8
その他 11 74.2 81.7 0%
当院では、在宅復帰に向けて十分なリハビリやケアを行っていますので、平均在院日数は長くなっています。 その分、転院率は低くなっています。
※各項目において患者数が10未満の場合、-(ハイフン)を入力しています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
一般内科
Kコード 名称 患者数 平均 術前日数 平均 術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K386 気管切開術
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む)
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術
K252 角膜・強膜異物除去術
当院では、患者さまが自らの口で食事して頂けるように、経管栄養をなるべく避け、嚥下訓練を行っています。 その為、胃瘻造設の件数は、少ない傾向にあります。
※各項目において患者数が10未満の場合、-(ハイフン)を入力しています。
呼吸器内科
Kコード 名称 患者数 平均 術前日数 平均 術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K386 気管切開術
K664-2 経皮経食道胃管挿入術(PTEG)
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む)
当院では患者さまが自らの口で食事をして頂けるようにST(言語聴覚士)による嚥下評価と嚥下訓練を実施しており、できるだけ経管栄養・胃瘻造設をしない診療を心掛けています。
※各項目において患者数が10未満の場合、-(ハイフン)を入力しています。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均 術前日数 平均 術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術 (長径2cm未満) 47 0.1 1.2 0% 68.6
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 29 2.3 13.1 13.8% 82.6
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみ) 20 2 23.5 5% 79.8
K654 内視鏡的消化管止血術 14 2.1 19.9 7.1% 77.1
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上)
消化器内科で最も多かった手術は、大腸ポリープの内視鏡的切除です。ポリープの切除は術後の経過も踏まえて1泊程度の短期入院で行っています。
体の負担が少なく早期に復帰できる内視鏡手術を多く行っています。
※各項目において患者数が10未満の場合、-(ハイフン)を入力しています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均 術前日数 平均 術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 53 4.8 80.3 11.3% 85.7
K083 鋼線等による直達牽引 10 5.80 66.20 10.00% 81.33
K0731 関節内骨折観血的手術(股)
K037-2 アキレス腱断裂手術
K0462 骨折観血的手術(前腕)
整形外科では高齢者の脆弱性骨折、特に大腿骨近位部骨折に対する手術が大多数を占めています。 骨接合術や人工骨頭置換術を施行していますが合併症(糖尿病や心臓疾患等)を有している事が多く、周術期の管理が大変です。
また術後リハビリも認知症のためにプログラム通りいかず在院日数が長くなる方が多いようです。
変形性膝関節症の患者さまも多いため現在、人工膝関節置換術が可能となるように手術室スタッフと準備中です。
一般外科
Kコード 名称 患者数 平均 術前日数 平均 術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 22 0.2 4.0 9.1% 75.1
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 10 1.3 8.5 0% 57.6
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む)
K7161 小腸切除術(悪性腫瘍手術以外の切除術)
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術)
最も多いのは成人鼠径ヘルニア手術です。
小児の鼠径ヘルニアと異なり、鼠径部の筋肉の衰えによって発症するため、手術は衰えた部分にメッシュという補強材を当てることにより行われます。
手術当日に入院し、通常術後5日以内に退院できます。
2番目に多いのは胆嚢結石や胆嚢炎にたいする腹腔鏡下胆嚢摘出術です。腹腔鏡を用いて小さな手術創で胆嚢を摘出します。 術後入院日数が比較的長いのは高齢の患者さまが多いことに起因しています。
※各項目において患者数が10未満の場合、-(ハイフン)を入力しています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均 術前日数 平均 術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 その他のもの 93 0.01 2.00 0% 78.8
K224 翼状片手術(弁の移植を要する)
眼科の入院のほとんどは、水晶体再建術いわゆる白内障手術となっております。
加療(日帰り手術)が困難な患者さまが多く、入院加療を基本としております。
片眼2泊3日(祝日の関係で3泊4日)、両眼の場合は、片眼終了時に一度退院して頂き、2週間後に反対の片眼を2泊3日で行います。 (日帰りの白内障手術も行っております)
※各項目において患者数が10未満の場合、-(ハイフン)を入力しています。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均 術前日数 平均 術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 19 4.6 10.7 0% 74.5
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞)
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極)
K610-3 内シャント設置術
循環器内科での主な手術は虚血性心疾患(狭心症,心筋梗塞)に対しての血管内治療(経皮的冠動脈ステント留置術)で、急患にも対応しています。
また、重症下肢虚血による跛行や潰瘍を認める患者さまも多くなってきており、 心臓血管外科と合同で施行する血管内治療(PTA)を行うことで、術後はADLの向上が認められるようになりました。 心不全の患者さまの中では、透析導入が必要な末期腎不全の患者さまも多く、主に循環器内科で管理を行い、 腎臓内科や心臓血管外科の協力のもと、維持透析のための内シャント造設を行っています。
※各項目において患者数が10未満の場合、-(ハイフン)を入力しています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均 術前日数 平均 術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術
K1425 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓切除)
K1342 椎間板摘出術(後方摘出術)
K1342 脳血管内手術(脳血管内ステント)
K1781 脳血管内手術(1箇所)
脳神経外科で最も多い慢性硬膜下血腫の手術は、症状の回復に大変有効です。
※各項目において患者数が10未満の場合、-(ハイフン)を入力しています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一 19 0.5
異なる 10 0.5
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一
異なる
高齢の患者さまが多く、免疫力が低下しているため、重症の誤嚥性肺炎や尿路感染症による敗血症で入院されるだけでなく、入院後に敗血症を併発されるケースも増えています。
※各項目において患者数が10未満の場合、-(ハイフン)を入力しています。
更新履歴
 
 
2018.09.29
  • 診療時間
  • 面会時間
  • 看護師採用情報
    • ドクター採用情報
    • コメディカルスタッフ採用情報
  • 交通アクセス
  • 院内フロアマップ
  • 当院は(財)日本医療機能評価機構認定病院です
  • 病院広報誌「ほすぴたる」のご紹介
  • お見舞いメール
  • 田主丸中央病院 公式 Facebook
  • 聖峰会のご案内
  • 社会福祉法人ひじり会