ご挨拶・理念

聖峰会スローガン「地域のために 地域とともに」

ご挨拶

理事長 鬼塚俊一

会長
鬼塚 俊一

聖峰会は、昭和29年9月に緑豊かな自然に恵まれた田主丸の地で、内科・呼吸器科としてスタート、田主丸中央病院は、現在30の診療科、ベッド数343の地域中核病院としての機能を果たしています。
また介護施設として老人保健施設をはじめ、通所介護・訪問介護事業所、グループホームなど20を超える施設を開設し運営、また関連法人である社会福祉法人ひじり会が特別養護老人ホームを運営、私たちは、住民の皆さんが、住み慣れたこの地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続けることができるよう、住まい・医療・介護・予防・生活支援が一体的に提供される地域ケアシステムの構築を目指しています。
私たちは、今後も保健・医療・福祉の分野で「地域のために 地域とともに」の理念のもと、質の高い医療と施設介護・在宅介護サービスの提供につとめ、安心と信頼度ナンバーワンの、選ばれる地域の中核病院・施設として、皆様のお役に立つため、今後も職員一同、最善の努力をしてまいります。

聖峰会の理念

1.ミッション(何のために存在するのか)

地域のために 地域とともに

『健康増進』『疾病予防』『医療・介護』を通して地域に貢献し、地域とともに発展する。更に職員自らも高い人格を形成する。

2.価値観(何が大切と考えるのか)

あふれる愛、限りない夢、燃える心、かけがえのない命

「紳士、淑女をケアする我々もまた紳士、淑女なり」
「生きるということは、進化することでなければならない。」
「聖峰会は、能力や実行力の高い人を評価するが、日々向上し進化に向け努力を続ける人をより高く評価する。」
各人が「当事者」として問題を解決する。

人間(生物)にとって一番大切なことは「生きる」こと
次に人間にとって大切なことは「いかに生きるか」と言うこと

stay hungry ,stay foolish (スティーブ・ジョブス)
  ( 傲慢になるな,上には上が居る )
  ( 謙虚で向上心を持ち続けよ )

「業績向上はサービス向上に不可欠である。」

1歩前進を目指すより、3歩後退しても3歩前進を目指したい
先ず信じよう そしてやって見よう (安全確認は忘れずに)

「人はタフでなければ生きられない
優しくなければ生きている資格がない」聖峰会は……

最も多く感謝する者、最も多く報われる。
最もよく奉仕する者、最も多く報われる。

3.ビジョン(どうありたいのか…将来像)

感動していただけるケアを実践し、満足して感動していただけるケアを目指す